読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows7や2008R2で、イベントログに「ID:4107」が表示される (CAPI2)

Windows イベントログ

イベントログを眺めていたら、サーバーとクライアントと共に
同じエラーが出ていたので、原因を調査・対応した時のメモ。


■環境

  • Windows7Windows Server2008 R2 (共にx64)
  • タイミング:OSが起動したときに出力される


■イベントログ

レベル エラー
ソース Microsoft-Windows-CAPI2
イベントID 4107

http://www.download.windowsupdate.com/msdownload/update/v3/static/trustedr/en/authrootstl.cab にある自動更新 cab ファイルからサード パーティのルート一覧を抽出できませんでした。エラー: 現在のシステム時計または署名ファイルのタイムスタンプで確認すると、必要な証明書の有効期間が過ぎています。


■原因
Microsoft側の問題の模様。
詳細は以下のマイクロソフト Network & AD サポートチーム公式ブログを参照。
【障害情報】 crypt32 (Windows XP, Windows Server 2003)、Microsoft-Windows-CAPI2 (Windows Vista 以降) のイベント


■対応
上記のBlogに記載されている対応でもよいのですが、
いくつか手順を踏まねばらならず面倒なため、
以下のFixItを適用することに。
Microsoft KB2328240 Windows Vista、Windows Server 2008、および以降のバージョンの Windows および Windows Server のアプリケーション ログにイベント ID 4107 またはイベント ID 11 が出力される


適用後に再起動したところ、イベントID 4107 は表示されなかった。
よって、対応完了と判断。