読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持ち運び可能なRedmineを1.3.2にした

Redmine

前回の記事、Windows7 + JRuby + Redmine + PortableGit で持ち運び可能なRedmineを作る で、
Redmine1.3.1を構築したものの、早速1.3.2が公開されていたため、アップグレードした時のメモ。


アップグレード方法については、以下が詳しい、というかそのまま実行。
Redmine.JP - Redmine Guide日本語訳 アップグレード


自分の環境で実施した内容は、以下。

  • バックアップ

 すべてをフォルダごとコピー。持ち運び可能なので、バックアップも楽。

  • SVNチェックアウトのアップグレード

 記載内容通り。
 「リビジョン 9240 に更新しました。」と出て終了。

  • データベースの更新

 記載内容通り。
 何も出ずに終了。

  • クリーンナップ

 記載内容通り。
 何もでずに終了。


特にエラーは出なかったため、

jruby script/server webrick -e production

にて起動。


その後、管理>情報でバージョンを確認をすると、

Redmine 1.3.2.stable.9240 (SQLite)

となっていたため、無事にアップグレードが終了したことを確認。
Gitリポジトリも問題なかった。