読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Starting to Unit Test: Not as Hard as You Think」を読んだ

C# テスト

書籍「The Art of Unit Testing, Second Edition with examples in C#」を読み終えた後、引き続き .NETのサンプルがありそうなテスト関連の書籍を探してみたところ、この書籍が見つかりました。

Kindleでワンコイン程度、ページ数も多くなかったので、手にとってみました。

Starting to Unit Test: Not as Hard as You Think (English Edition)

Starting to Unit Test: Not as Hard as You Think (English Edition)

なお、著者のサイトからリンクをたどると、他の媒体での電子書籍も見つかりました。
Blog Into Book-Take your blog to book and get published | Blog Into Book

 

感想

サンプルコードはあまりなく、Unit Testに関するチュートリアルというよりは、Unit Testに関する考え方やTipsが簡潔にまとめられている書籍でした。

サンプルコードや説明のあったライブラリ、テストの書き方については、.NET向けが多いように感じました。例えば、「可能なら、Windowsフォームの代わりにWPFを使う。それができない場合は、できる限りModel-View-Presenter(MVP)パターンを使うようにする。」等です。

他に、Chapter8のCIとChapter10のビジネス面との関わりについても参考になりました。

また、まとめとして、Unit Testが書けるようになるには、

practice, practice, practice

と記されていて、とにかく手を動かそうと思いました。

 
一方、ページ数の制限もあってか、用語の解説やテストダブルについてはさらっと流したような印象で、その部分に関しては他の書籍も読んだほうが良さそうでした。

 

紹介のあったライブラリ

書籍の中では

  • モックまわり
    • JustMock
  • CIまわり
  • その他
    • NCrunch

などが紹介されていました。

OSSのライブラリを期待していた自分にとっては少々残念でしたが、知らなかったツールもあって参考になりました。

 

書籍の目次

Kindleのサンプルくらいでしか目次が見当たらなかったため、残しておきます。

Chapter 1: Don’t Worry, Your Secret is Safe with Me
Chapter 2: Let’s Write a Test
Chapter 3: Unit Testing Sucks
Chapter 4: Design New Code for Testability
Chapter 5: Invading Legacy Code in the Name of Testability
Chapter 6: Test Doubles
Chapter 7: Overcoming Inertia and Objections
Chapter 8: Test Suite Management and Build Integration
Chapter 9: Tips and Tricks for New and Veteran Unit Testers
Chapter 10: The Business Value of Unit Tests
About the Author