読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

apcupsdで、APC製UPSのアラーム音を消す

UPS

apcupsdを使って、APCUPSのアラーム音を消したときのメモです。

 

環境

  • Windows10 x64
  • Smart-UPS 750
  • シリアルケーブル(940-0024C)を使用
  • apcupsd 3.14.12

 
なお、どのケーブルを使っているか分からない場合は以下が参考になりました。
apcupsd で APC製 UPS を電源管理する方法 - maruko2 Note.

 

準備

アラーム音を消すには、apcupsdに含まれるapctestを使います。

そのための準備として、

  • apcupsdのtrayを終了
  • サービスApcupsd UPS Monitorを終了

を行います。

 

実行

 
コマンドプロンプトからapctestを実行します。

まずは、1) Query the UPS for all known valuesで現在の状態を確認します。

>C:\apcupsd\bin\apctest.exe

apctest 3.14.12 (29 March 2014) Win32
Checking configuration ...
sharenet.type = Network & ShareUPS Disabled
cable.type = Custom Cable Smart
mode.type = APC Smart UPS (any)
Setting up the port ...
Doing prep_device() ...

You are using a SMART cable type, so I'm entering SMART test mode
Hello, this is the apcupsd Cable Test program.
This part of apctest is for testing Smart UPSes.
Please select the function you want to perform.

1) Query the UPS for all known values
2) Perform a Battery Runtime Calibration
3) Abort Battery Calibration
4) Monitor Battery Calibration progress
5) Program EEPROM
6) Enter TTY mode communicating with UPS
Q) Quit

Select function number: 1    # 入力

...
Alarm status: 0
...

Alarm statusに値が設定されています。

ユーザマニュアルConfiguration Directives Used to Set the UPS EEPROM | APCUPSD User ManualBEEPSTATEによると、現時点ではアラーム音が鳴る設定のようです。

 
続いて、Alarm statusはどのような値が取れるのかを、5) Program EEPROM > 1) Print EEPROM valuesにて確認します。

That is all for now.

1) Query the UPS for all known values
...
5) Program EEPROM
...
Q) Quit

Select function number: 5    # 入力

This is the EEPROM programming section of apctest.
Please select the function you want to perform.

 1) Print EEPROM values
...
 Q) Quit

Select function number: 1    # 入力

Doing prep_device() ...

Valid EEPROM values for the APC Smart UPS (any)

                         Config        Current  Permitted
Description              Directive     Value    Values
===================================================================
...
Alarm delay              BEEPSTATE     0        0 T N
...
===================================================================
...

現在の0の他、TNを設定できそうです。

 
Nがアラーム音を消す設定のため、5) Change alarm delay にて作業を行います。

 1) Print EEPROM values
...
 5) Change alarm delay
...
 Q) Quit

Select function number: 5    # 入力

Enter new alarm delay: N    # 入力

# 結果
The old UPS alarm status is: 0
The new UPS alarm status is: N

 
1) Print EEPROM valuesにて、設定結果を確認します。

 1) Print EEPROM values
...
 5) Change alarm delay
...
 Q) Quit

Select function number: 1    # 入力

Doing prep_device() ...
...
                         Config        Current  Permitted
Description              Directive     Value    Values
===================================================================
Alarm delay              BEEPSTATE     N        0 T N

変更が反映されていました。

 
以上で作業は終わりのため、apctestを終了します。

 1) Print EEPROM values
...
 Q) Quit

Select function number: Q    # 入力

End EEPROM programming.

1) Query the UPS for all known values
...
Q) Quit

Select function number: Q    # 入力

End apctest.

 
最後にステータスを確認します。

サービスApcupsd UPS Monitorを開始後、コマンドプロンプトより実行します。

>C:\apcupsd\bin\apcaccess.exe status
...
ALARMDEL : No alarm  # 更新されている
BATTV    : 27.5 Volts
...

No alarmであり、アラーム音を消す設定になっていることが確認できました。