読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 5.5 にRedmineをインストールする

Redmine

Redmine(svnよりチェックアウト) + MySQL + Apache + Passanger という構成のRedmine環境を構築するためのメモを残します。

 

1.必要なライブラリのインストール

以下はRubyのビルドに必要なライブラリのヘッダファイルとなります。

yum install gcc zlib-devel openssl-devel

 

2.MySQLのインストール

yumインストールのインストール先:/var/lib/mysql

yum install mysql mysql-server mysql-devel

 

3.MySQLの設定バックアップ

設定を変更する前に、ファイルをバックアップしておきます。

cp -a /etc/my.cnf /etc/oldmy.conf

 

4.文字コードのセット

デフォルト文字列をUTF-8にするため、2箇所の追記を行います。

追記後、「:w」「:q」にて保存を行います。

$ sudo vi /etc/my.cnf

--以下、追記箇所--
[mysqld]
default-character-set = utf8
--追記箇所ここまで--
--以下は新規作成--
[mysql]
default-character-set = utf8
--新規作成ここまで--

 

5.OSの起動時に、MySQLも起動する

現在の状況を確認後、起動するように修正します。

chkconfig --list mysqld
chkconfig mysqld on
chkconfig --list mysqld
mysqld          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 

6.MySQLの起動、ログイン
/etc/rc.d/init.d/mysqld start
mysql -u root

 

7.rootのパスワード一括変更、パスワード無しユーザの削除

必要に応じて、rootのパスワードは別々にセットします。

#=> rootユーザ・匿名ユーザともパスワード無しの状態を確認します
mysql> select user,host,password from mysql.user;

#=> rootユーザのパスワードあり&匿名ユーザ・パスワード無しの状態を確認します
mysql> update mysql.user set password=password('<パスワード>') where user = 'root';
mysql> select user,host,password from mysql.user;

#=> rootユーザのパスワードあり&匿名ユーザ無しの状態を確認します
mysql> delete from mysql.user where password = '';
mysql> select user,host,password from mysql.user;

mysql> flush privileges;
mysql> exit;

 

8.Redmine用のユーザとデータベースを作成

Redmine用のユーザを作成します。

mysql -u root -p
Enter password:<パスワード>


mysql> grant all privileges on redmine.* to redmine identified by 'redmine';
mysql> select user,host,password from mysql.user;
(→ユーザが存在することを確認します)


mysql> exit;

 
Redmine用ユーザでデータベースを作成します。

mysql -u redmine -p
Enter password:<パスワード>


#=> データベースが存在することを確認します
mysql> create database redmine default character set utf8;
mysql> show create database redmine;



mysql> exit;

 

9.Rubyのインストール

1.8.7系最新版をダウンロードし、インストールします。

場所はこちら(http://www.ruby-lang.org/ja/)


Rubyの入手と解凍を行います。

wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p248.tar.gz
tar xzvf ruby-1.8.7-p248.tar.gz


Rubyコンパイルを行います。 (/usrディレクトリ配下へ配置)

cd ruby-1.8.7-p248
./configure --prefix=/usr
make
make test
#=>test succeeded

make install
ruby -v
#=>ruby 1.8.7 (2009-12-24 patchlevel 248) [i686-linux]

 

10.RubyGems のインストール

最新版のURLはこちら(http://rubyforge.org/frs/?group_id=126&release_id=33411)
*tgzをクリックすると現れるURLを使用します。

wget http://rubyforge.org/frs/download.php/69365/rubygems-1.3.6.tgz
tar xzvf rubygems-1.3.5.tgz
cd rubygems-1.3.5
ruby setup.rb
gem -v
#=>1.3.5

 

11.Railsのインストール
gem update --system
gem install rails --include-dependencies

rails -v
#=>Rails 2.3.5

 

12.RedmineSubversionリポジトリからのインストール

Redmineのバージョンアップ対応を容易にするために、Redminesvnからチェックアウトする形をとります。

インストール先ディレクトリは「/opt/redmine」とします。

mkdir /opt/redmine
cd /opt/redmine
svn checkout http://redmine.rubyforge.org/svn/branches/0.9-stable/


設定ファイルをコピーし、viで編集します。viの編集方法は上記4.の通りとなります。

cd /opt/redmine/0.9-stable/config
cp -p database.yml.example database.yml
vi database.yml

>>
production:
  adapter: mysql
  database: redmine
  host: localhost
  username: redmine
  password: redmine
  encoding: utf8
<<
||


エラー回避のため、gemにてmysqlをインストールしておきます。
>||
gem install mysql


environment.rbファイルを開き、編集を行います。

vi ./environment.rb


編集内容としては、Rails::Initializer.run do |config| 直下に以下を記載します。なお、secretの""内は任意の値でよいです。

config.action_controller.session = { :key => "_myapp_session",:secret => "ab30aaca886ffe24cccb91d54a4956cd"}


 
環境を作成します。

rake db:migrate RAILS_ENV="production"


初期データをロードします。

rake load_default_data RAILS_ENV="production"
#=>言語は「ja」を選択

 

13.Redmineの仮起動

起動後、CentOS上で設定したIP:3000にアクセスし、起動を確認します。終了はプロンプトで「Ctrl + C」です。

cd /opt/redmine/0.9-stable
script/server -e production

 

14.Passengerのインストール
yum install httpd-devel gcc-c++ apr-devel
gem install passenger
passenger-install-apache2-module


実行すると以下の2箇所で停止するため、両方ともメモに残しておきます。

   LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.9
   PassengerRuby /usr/bin/ruby

 

   <VirtualHost *:80>
      ServerName www.yourhost.com
      DocumentRoot /somewhere/public    # <-- be sure to point to 'public'!
      <Directory /somewhere/public>
         AllowOverride all              # <-- relax Apache security settings
         Options -MultiViews            # <-- MultiViews must be turned off
      </Directory>
   </VirtualHost>

 

15.Passengerの設定

viにて編集ファイルを開き、先ほどメモした内容を記載します。

cd /etc/httpd/conf.d
vi passenger.conf

LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.11/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.11
PassengerRuby /usr/bin/ruby

 

16.Apacheの設定

Redmineをサブディレクトリで運用するために、設定前にシンボリックリンクを作成しておきます。

ln -s /opt/redmine/0.9-stable/public /var/www/html/redmine 


続いて、Passengerの設定を末尾に追加します。

cd /etc/httpd/conf
vi httpd.conf


末尾に先ほどメモした内容を修正して追記します。

なお、DocumentRootは他で設定するため、削除します。
また、以下も不要なため、削除します。

一方、サブディレクトリで運用するため、サブディレクトリ名(この場合はredmine)をRailsBaseURIとして設定しておきます。

   <VirtualHost *:80>
      ServerName <IPアドレス or ホスト名>
      RailsBaseURI /redmine
   </VirtualHost>


さらに、現在のままだとApacheを起動した際に、

「httpd を起動中: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName」

と表示されてしまうため、最終行の「サーバ名:ポート名」を追加しておきます。

# ServerName gives the name and port that the server uses to identify itself.
# This can often be determined automatically, but we recommend you specify
# it explicitly to prevent problems during startup.
# 
# If this is not set to valid DNS name for your host, server-generated
# redirections will not work.  See also the UseCanonicalName directive.
# 
# If your host doesn't have a registered DNS name, enter its IP address here.
# You will have to access it by its address anyway, and this will make
# redirections work in a sensible way. 
# 
#ServerName www.example.com:80
ServerName <サーバ名>:<ポート:デフォルトは80>

 

17.Redmineのアクセス権変更
cd /opt/redmine/0.9-stable
chown -R apache:apache files log tmp config/environment.rb

 

18.Apacheの起動
/etc/rc.d/init.d/httpd start

 

19.Apache自動起動設定

MySQL同様、Apache自動起動するようにしておきます。

/sbin/chkconfig httpd on
/sbin/chkconfig --list httpd
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

 

20.ファイアウォールでのhttp許可

デフォルトではhttpは許可されていないため、設定を変更します。

  • システム > 管理 > セキュリティレベルとファイアウォールの設定
  • 信頼できるサービスに「WWW(HTTP)」を追加

 

21.再起動

 

22.Redmineの起動確認

http:///redmine/ でアクセスできることを確認します。

 

参考

サクッとCentOS 5.3にRedmine + Passenger環境をインストール
http://www.sakuttoly.com/blog/2009/04/redmine_passenger_centos.html