Python

SendGridでは、受信者メールアドレスの大文字小文字はどうなるか試してみた

メールアドレスの形式について調べる機会があったため、RFC5321(日本語訳)を見たところ、 動詞と引数の値(例えば RCPT コマンドにおける "TO:" または "to:" や拡張名キーワード)は大文字・小文字を区別されないが、メールボックスの local-part の指定が唯…

SendGridのEvent Webhookでメールを識別するため、X-SMTPAPIヘッダのUnique Argumentsを使ってみた

SendGridにはEvent Webhookがあり、メール送信のイベントをWebhookとして拾うことができます。 Event Webhook - ドキュメント | SendGrid Event Webhookでイベントを受信する - ドキュメント | SendGrid ただ、Webhookで取得できるデフォルトの項目が送信先…

Python + PuLP + ortoolpy による組合せ最適化を使って、行事の当番表を作ってみた

最近、行事の当番表を作る機会がありました。 行事の回数や当番対象の人数がそれなりだったこと、「今日の当番は何でこの組み合わせなの?」と質問された時に「プログラムが勝手にやりました」と答えたかったことから、プログラムを作って解決することにしま…

Raspberry Pi と python-cec で、HDMI CEC を経由してテレビの電源ON/OFFや音量調整を行う

先日Google Nest miniをお迎えしたので、家のテレビを操作してみようと思ったところ、手元のテレビでは直接の操作に対応していませんでした。 Google Nest mini以外でもテレビを操作する方法がないかを調べたところ、HDMI CECを使えばいけそうでした。 Consu…

ダンボールに入れた本を管理するDjangoアプリ「danborary」を作った

家の本棚スペースが限られているため、年末の大掃除であまり読まなくなった本をダンボールに詰めようと考えました。 ただ、何も考えずに詰めると、どの箱に何の本があるか分からなくなります。 そこで、今年さわった技術を使って、ダンボールに入れた本を管…

Djangoとyamdlにより、fixtureを使わずにYAMLとモデルを紐付ける

これは JSL(日本システム技研) Advent Calendar 2020 - Qiita の12/21分の記事です。 ちょっとしたDjangoアプリを作る中で、 モデルのデータソースはYAMLにしたい YAMLはマスタ的存在 モデル間のリレーションは存在しない YAMLを書き換えた場合、Djangoアプ…

django-cteと共通テーブル式(CTE)を用いた再帰クエリにより、階層構造を持つテーブルからデータを取得する

これは Django Advent Calendar 2020 - Qiita 兼 JSL(日本システム技研) Advent Calendar 2020 - Qiita の12/16分の記事です。 Djangoと共通テーブル式(Common Table Expression、CTE)を用いた再帰クエリを使って、階層構造を持つテーブルからデータを取得し…

Djangoで、SILENCED_SYSTEM_CHECKSを定義してSystem check frameworkのメッセージ出力を抑制する

これは JSL(日本システム技研) Advent Calendar 2020 - Qiita 12/15分の記事です。 DjangoにはSystem check frameworkがあり、Djangoプロジェクトの正しさをチェックしてくれます。 System check framework | Django ドキュメント | Django そんな中、特定の…

Django3系のORMでSQLのEXISTS句を使う

この記事は、 JSL(日本システム技研) Advent Calendar 2020 - Qiita 12/3の記事です。 以前、SQLをDjangoのQuerySet APIでどう実装するのかを書きました。 SQLのSELECT文を、DjangoのQuerySet APIで書いてみた - メモ的な思考的な SQLのINSERT, UPDATE文を、…

django-datatables-viewによるServer-side processingで、DataTable向けのクエリパラメータを追加する

django-datatables-viewによるServer-side processingで、DataTable向けのクエリパラメータを追加しようと考えた時に詰まったことがあったため、メモを残します。 目次 環境 やりたいこと 対応 フロントエンド バックエンド ソースコード 環境 Python 3.8 Dj…

django-datatables-viewによるServer-side processingで、フォームの入力値に基づいてDataTableの絞り込みを行う

django-datatables-viewで、フォームの入力値に基づいてDataTableの絞り込みを行おうと考えた時に詰まったことがあったため、メモを残します。 目次 環境 DataTableのSearchについて やりたいこと 実装 フロントエンド バックエンド 参考:Search機能との連…

django-datatables-viewによるServer-side processingで、モデルの複数列を結合して表示する

django-datatables-viewで、モデルの複数列を結合して表示しようと考えた時に詰まったことがあったため、メモを残します。 目次 環境 やりたいこと エラーとなる方法 動作する方法 ソースコード 環境 Python 3.8 Django 3.1.2 django-datatables-view 1.19.1…

django-datatables-viewによるServer-side processingで、色々なソートを試してみた

ライブラリ django-datatables-view を使ってjQuery DataTableのServer Side Processing を行った際、ソートを実装することがありました。 ただ、ソートを実装しようとしたところ詰まったことがあったため、メモを残します。 目次 環境 ソートを意識しない時…

django-datatables-viewによるServer-side processingで、モデルの外部キーの項目を表示する

バックエンドがDjangoの環境にて、jQuery DataTable を使う機会がありました。 DataTables | Table plug-in for jQuery データ量がそれなりにあったので、DataTableのServer Side Processingを使いました。 DataTables example - Server-side processing Dja…

Rust + PyO3にて、自作のPythonモジュールをRustで実行する

RustからPythonのモジュールを使うときは、 PyO3 が便利です。 PyO3/pyo3: Rust bindings for the Python interpreter ただ、公式ドキュメントでは、Pythonの標準モジュールをimportして実行する方法は記載されていたものの、自作のPythonモジュールについて…

Django REST Framework + jQuery + S3で画像ファイルアップローダーを作った時のメモ

Django REST Framework + jQuery + S3で画像ファイルアップローダーを作る機会がありました。 その中で色々と考えたことをメモに残します。 なお、実装の詳細は以下となります。 thinkAmi-sandbox/image_uploader_by_drf_jquery_s3 目次 環境 仕様など 画面…

Django REST FrameworkのDEFAULT_PARSER_CLASSESの初期値について

Django REST Frameworkでは、 DEFAULT_PARSER_CLASSES の設定により、グローバルで使われるParserが決まります。 Parsers - Django REST framework ただ、その初期値をうっかり忘れていたので、メモを残します。 目次 環境 うっかりしていたこと 動作確認 ア…

Djangoのmodels.ForeignKeyにおけるrelated_nameとrelated_query_nameについて調べてみた

最近、同僚の @qtatsu に「models.ForeignKeyのrelated_nameに + を指定すると逆引き不可にできる」ということを教わって、そういえばこのあたりを理解してないなと思って調べた時のメモです。 目次 環境 models.ForeignKeyにおけるrelated_nameについて rel…

django-rulesを使って、オブジェクトレベルの認可判定をViewとテンプレートでそれぞれ実装してみた

Djangoには認可機能が標準で用意されています。 ただ、標準の認可機能の場合、モデルごとの認可判定は可能な一方で、オブジェクトごとの認可判定ができないようです。 Django のパーミッションフレームワークはオブジェクトパーミッション基盤を持っています…

Django + django-rules + 独自Userモデルで、has_permテンプレートタグを使うときの注意点

Djangoには標準で認可(Permission)の仕組みがあります。 ただ、Django標準の認可はモデルレベルです。オブジェクトレベルは Django のパーミッションフレームワークはオブジェクトパーミッション基盤を持っていますが、コアには実装されていません。 https:/…

Pythonで、unittest.mock.patchを使って定数を差し替える

小ネタです。 以前、 unittest.mock.patch を使ってデコレータを差し替えたことがありました。 Pythonで、unittest.mock.patchを使ってデコレータを差し替える - メモ的な思考的な 今回は、unittest.mock.patch を使って定数を差し替えてみます。 目次 環境 …

DjangoのListViewで、対象データがない場合は404ページを表示する

DjangoでListViewを使う場合、デフォルトではモデルにデータがない時は HTTP200 で、データがない状態で表示されます。 ただ、モデルにデータがない場合に HTTP404 を表示したい時はどうするか、調べたことをメモしておきます。 目次 環境 調査 allow_empty=…

AWS CDK + Pythonで、ネストした AWS StepFunctions のワークフローを作ってみた

今年の7月にAWS CDK (Cloud Development Kit) がGAとなりました。 AWS クラウド開発キット (CDK) – TypeScript と Python 用がご利用可能に | Amazon Web Services ブログ APIリファレンスも公開されているため、これでPythonを使ってAWSのリソースを作成す…

#pyconjp 発表「知ろう!使おう!HDF5ファイル!」の落ち穂拾い

PyCon JP 2019にて発表をした際、いくつか質問をいただきました。 前回の記事にもあるように、当時きちんと回答できたか不安だったため、今回落ち穂拾いとしてまとめてみます。 なお、誤りや過不足などがありましたら、ご指摘いただけるとありがたいです。 …

AWS AppSyncのPipeline Resolverを使って、複数のDynamoDBの値をマージして返すAPIを作成してみた

前回・前々回と、単一のデータソースから値を取得するAWS AppSync APIを作成しました。 Pythonで、 AWS AppSyncのquery・mutation・subscriptionを試してみた - メモ的な思考的な Pythonで、AWS Lambda をData sourceに持つ AWS AppSync API を呼んでみた - …

Pythonで、AWS Lambda をData sourceに持つ AWS AppSync API を呼んでみた

前回、Data sourceがDynamoDBである AWS AppSync APIをPythonで呼んでみました。 Pythonで、 AWS AppSyncのquery・mutation・subscriptionを試してみた - メモ的な思考的な ただ、AWS AppSync のData sourceでは、DynamoDBの他 Amazon Elasticsearch AWS Lam…

Pythonで、 AWS AppSyncのquery・mutation・subscriptionを試してみた

最近 AWS AppSync にふれる機会がありました。 そこで今回は、AWS AppSyncのGraphQLインタフェースを使って、Pythonでquery・mutation・subscriptionを試してみましたので、メモを残します。 目次 環境 長いのでまとめ AWS AppSyncでAPIを作る mutationの実…

DjangoCongress JP 2019 に参加 & 発表しました #djangocongress

5/18に開催された、DjangoCongress JP 2019に参加 & 発表しました。 DjangoCongress JP 2019 昨年同様、開催場所はサイボウズ株式会社の東京オフィスでした。 東京オフィス アクセスマップ | サイボウズ株式会社 今年も良い感じの雰囲気でした。 自分の発表…

Windows10 + pyinstallerで、Djangoをexe化して配布可能にしてみた

最近、Windows10 + pyinstallerで、 WindowsでDjangoアプリを開発 開発したDjangoアプリを、別のWindows端末に配布 別のWindows端末にて、Djangoアプリを実行 をしました。 pyinstallerのWikiに方法が記載されていますが、いろいろとハマったため、メモを残…

Python3.4 & Django1.8な個人アプリを、Python3.7 & Django 2.1 へとアップデートした

以前、食べたリンゴの割合をグラフ化するHerokuアプリを作りました。 Python + Django + Highcharts + Herokuで食べたリンゴの割合をグラフ化してみた - メモ的な思考的な Python3.4 & Django1.8な環境で作成した2015年以降、食べたりんごの種類を記載してい…