読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ThinkPad X201sで、OEMのWindows7とリテールXPでデュアルブート

PC

ThinkPad X201sにてデュアルブート環境を構築する必要があったため、構築方法に関するメモ。

環境

所持しているもの

 

これから構築する環境

 

作業の流れ

ThinkPad X201sを Windows 7 64bit での作業

環境を構築する前に、環境復旧のための作業を Windows 7 にて行っておく。

 

ThinkVantageによるリカバリDVDの作成

ThinkPad X201sにはリカバリDVDが付属していない。そのため、万が一、元の環境に戻せなくなることを考えてリカバリDVDを作成しておく。

 

システム修復ディスクの作成

デュアルブート環境を構築する際に必要となるため、作成しておく。

Windows > すべてのプログラム > メンテナンス > システム修復ディスクの作成

 

GParted Live CD の入手

パーティション分割を行う際に使用する。
Gparted 公式 - http://gparted.sourceforge.net/index.php

 

MBM Live CD の入手

Windows 7ブートローダーではなく、こちらのブートローダーを使用する。
マルチ・ブート・マネージャー - http://elm-chan.org/fsw/mbm/mbm.html

 

Gpartによるパーティション分割

以下の通りにパーティションを分割する。使用方法についてはweb参照。

パーティション番号 内容 容量
1 Windows 7 78.13GiB
2 Windows XP 19.53GiB
3 未割り当て 190.67GiB
4 リカバリ領域 9.76GiB

 

MBMインストール&設定
  • インストール
    • ドライブ0にインストールする。
  • 設定
    • Windows XP のインストール準備のため、1,4をmaskにし、2をactivateとする。

 

BIOS設定変更

ThinkPadのデフォルト設定ではWindows XP をインストールする際にエラーとなるため、BIOSSerialATAを [Compatibility] へ変更する。

 

Windows XP のインストール

インストールCDを用いてインストールする。

インストール後、MBMのメディアを入れて再起動する。

 

MBMの再インストールとセットアップ
  • 再インストール
    • WindowsXPをインストールした段階で壊されてしまうため、上記と同様にして再インストールする。

 

BIOSの修正

BIOSSerialATAが [Compatibility]のままではWindows 7 のリカバリにてエラー(0xc0000034)となってしまうため、SerialATAを [AHCI] へと修正

 

リカバリDVDによる、Windows 7 のリカバリ
  • Windows 7 のリカバリDVD(一枚目)より起動
    • リカバリ領域からの復元ではうまくいかなかったため、リカバリDVDより復元する。
  • [Cドライブのみ復元]を選択
    • 復元後、システム修復ディスクをいれて再起動。


 

システム修復ディスクによる修復

システム修復ディスクより起動すると、「スタートアップオプションに問題が見つかりました」というメッセージが出るため、「修復して再起動する」を選択する。

 

MBMによる Windows 7 の起動

問題なく修復が完了しているかを確認するため、MBMより Windows 7 の起動を確認する。必要に応じて初期セットアップを行う。

 

BIOSの修正

Windows XP の設定を行うため、BIOSSerialATAを [Compatibility]とする。

 

Windows XP のセットアップ

必要なドライバ・セキュリティソフトをインストールする。

  • OSの認証
  • その他
    • トラックポイント 
    • Access Connection
    • Power Management Driver for WindowsXP (省電力マネージャー)
    • Power Manager (→これをインストールして再起動すると、ブートしなくなった)

 
以上により、Windows 7Windows XPデュアルブート環境が構築できた。

 

参考:

 
ドライバ類のインストールを参考にしたサイトへはアクセスできなくなっていました・・・。